糖尿病を予防するには?

糖尿病は生活習慣病のひとつです。予防する場合の基本は規則正しい生活を送ることでしょう。今回は【糖尿病を予防するには?】をテーマにお話をしたいと思います。不規則な食事時間・不十分な睡眠時間・夜更かし。こういった不規則な生活をすることでホルモンの機能を悪化させてします。バラバラな食事時間や夜更かしは糖尿病になる理由と考えられています。糖尿病を予防する方法をご紹介してゆきましょう。

適度な運動をすること

適度な運動をすることに肥満予防になります。エネルギー代謝が良い健康的な生活を送れるようになります。問題は適度な運動とは何かです。どういった運動をどの程度すればいいのでしょうか?おすすめできるのは有酸素運動です。

もしも時間に余裕があるならば、1回10分から30分の有酸素運動を1週間に3回から5回以上実施しましょう。具体的に簡単にとりこめる有酸素運動はウォーキングです。歩くだけですから誰でも簡単にできます。
もしもまとまった時間をとることができないならば、できるだけ動くような意識を持ちましょう。家事を積極的にすることもいいですし、エスカレーターがあっても、敢えて階段を使うことを習慣にするといいでしょう。日々の生活の中で運動するように心がけるだけでも違ってきます。

バランスの良い食事を心がけましょう

rgea
糖尿病の予防には、食生活も影響します。実際に糖尿病であると診断されると糖質制限の食事を推奨されます。だからと言って、糖尿病になっていないときから糖質を制限するのはお薦めできません。それよりも、偏りの少ない食事を意識しましょう。

魚・肉・野菜などのタンパク質と海藻類・穀類・お米などの主食をバランスよく摂取してください。無理なダイエットをしたり、食べ過ぎたりしないようにしましょう。暴飲暴食や過激ダイエットを継続していると健康を害する結果になります。

糖尿病予防教室に行ってみる

各自治体で実施されています。糖尿病患者や糖尿病予備軍や糖尿病に関心を持っている人が対象になります。運動実技・調理実習・糖尿病についての概要・体組成測定など糖尿病を予防することに役立つ最低限度の知識を教えてくれます。区役所や市役所に問合せてみてください。

運動によって糖尿病を予防するポイント

tjytd
1番目は「どんな運動でもいいからやってみること」です。
何かしらの運動をすれば、血糖値は下がります。別に有酸素運動でなくてもいいです。体を動かすことは効果があるのです。もちろん有酸素運動が糖尿病には効果的です。近頃の糖尿病の研究では筋トレも効果的だと発表されています。
運動が不得意な人はどうしても運動がストレスになります。そんな場合は時間や場所も選ばないでできる運動がいいです。どういった運動でもいいのです。少しでも活動量を上げましょう。積極的に動かすことエネルギーが消費できます。

2番目は「食後に運動することが効果的であること」です。
運動するタイミングの話です。もっとも効果的なタイミングは食後の1時間後です。丁度血糖値が上がるタイミングと運動するタイミングが重なります。血糖値の上昇を抑えることができます。食後は胃が痛くなったり消化の邪魔になることもあります。少し食事がこなれてから動くようにしましょう。

3番目は「ウォーキングが効果的であること」です。
簡単にできる運動の代表格がウォーキングです。ジョギングはどうしてもしんどいです。ハードルが高くなります。でも走る必要がないならば安心しませんか?足には筋肉がたくさんあります。最低でも30分は続けるといいでしょう。

いかがでしたでしょうか?

糖尿病を予防するには?をテーマにお話をしました。食事のことと運動のことを中心に解説しました。まずは自分ができることを取り入れて糖尿病予防を心がけましょう。

参考サイト

糖尿病
http://tou10.com/

更新情報

◆2016/11/08
糖尿病予防のために食生活改善のヒントを新規投稿しました。
◆2016/11/07
糖尿病を予防するには?の情報を更新しました。
◆2016/11/07
糖尿病を食事面で予防する方法を新規投稿しました。
◆2016/11/06
糖尿病を予防するために摂取したほうが良いものを新規投稿しました。
◆2016/11/05
糖尿病を予防するために役立つトクホ商品や緑黄色野菜を新規投稿しました。